「高年齢者雇用安定法改正とミドルシニア社員の働き方研修」をします。

2021年(令和3年)4月1日に高年齢者雇用安定法の改正で、会社には、社員70歳までの就業機会確保措置の努力義務が課せられます。これはそのうち義務になると考えられます。一方、人生100年時代・人生二毛作と言われる中で、ミドルシニアの社員たちは、今後の働き方について再設計をする必要があります。
企業も人も、エネルギーが要りますが変化の激しい世の中では「変わる」しか生き残る道はありません。でも、どうやって?その一つの道筋を、キャリコン社労士田邊雅子がご提案します。

企業様、まずは田邊の考え方を聴いてください。そして、納得してくださったらぜひ社員研修のご依頼をください。御社のミドルシニア社員の活性化のためにとても良い機会になると思います。オンライン研修で全国どこの企業様にもご提供できます。お問い合わせはお気軽に、お電話もしくはこちらから