「成長したい」は人と企業の本能

EAP(Employee Assistance Program)は、社員支援プログラムと訳します。米国でアルコール依存症対策として始まったEAPは、日本では社員のメンタル不調対策のとして広まっていますが、言葉本来の意味に着目すると、不調(マイナス)からゼロへの支援だけではなく、ゼロから成長(プラス)への支援だと理解できます。
弊所は、社会保険労務士とキャリアコンサルティングの2つの専門性で「不調から成長まで」をワンストップでご支援します。

こんな経営者の方は、是非、ご相談ください。

  • 社員が定着しない
  • 辞めて欲しくない社員ほど、辞めていく
  • 社内の雰囲気が悪いが、どうしたら良いかわからない
  • 上司面談、役員面談をしても社員の本音が聞き出せない
  • 社員のプライベートに会社がどこまで踏み込んで良いかわからない
  • SNSで会社のことを悪く言われるのではないかと、心配になる
  • ハラスメントの相談窓口を社内に設けられない
  • 職場環境改善に取り組みたい

ご提供できるサービスは1.個人の成長対応と2.個人の不調対応

1.個人の成長対応(キャリア支援)

P(Plan)  現状調査

御社の経営理念・期待する人物像・人材育成方針に沿って、経営層や管理職からのヒアリングや社員アンケートを行い、現状把握と課題の見立てを行います。

STEP
1

D(Do)  社員研修(節目キャリア研修)やキャリア面談


・20代社員研修:仕事への向き合い方、仕事に取り組む意欲等の修得
・30代社員研修:仕事と生活(育児・介護・通院等)の両立をはかる働き方デザイン
・40代社員研修:職業人生後半戦における、今後の働き方デザイン
・50代社員研修:定年や雇用延長を目前にし、今後の働き方デザイン
             さらに
・社員キャリア面談:強みや課題を洗い出し、今後の行動計画を立ててもらいます。

STEP
2

C(Check)とA(Act) 企業へのフィードバック

研修や面談から見えた、企業・社員の課題について報告し、改善案を提案します。

STEP
3

2. 個人の不調対応(ホットライン)

プライベート相談

働く意欲に大きな影響がありながら、会社としては聞きづらい相談を受け、専門家も紹介します。

ハラスメント相談

パワハラ防止法で定められた相談窓口を社外専門家としてお引き受けします。

メンタル不調相談

本人及び周囲の方からの相談窓口を社外専門家としてお引き受けします。

両立相談

仕事とプライベート(育児・介護・闘病等)の両立が図れるようサポートします。

得られるメリット

  • 会社にとってのメリット
    会社の経営理念・経営方針・人材育成ビジョンを従業員に周知できる。
    従業員の強みを活かした人員配置や新事業立案に生かせる。
    従業員のモチベーションが上がることで、生産性向上や売上アップにつながる。
  • 社員にとってのメリット
    自身の来し方を振り返り、強み弱みを整理出来る。
    今後、自身がどういう働き方をするか、5年後、3年後等のなりたい自分を具体化できる。
    会社が期待していることと、自身が提供できることの照合ができる。
    なりたい自分になるために、どういう能力を身につけていくべきかがわかる。
    プライベートな悩みも相談できる。

ご依頼いただいた会社様の声

A社様

1、今回のご支援について満足度はいかがでしたか?
「大変満足。」
2、キャリアコンサルタントの会社への対応はいかがでしたか?
「申し込みから面談まで大変スムーズに実施していただくことができた。」
3、今回のご支援は御社にとってどの程度有益(有益でなかった)でしたか?
「有益だった。面談の後に、社員本人に時間を割いてこのような面談を行うことは価値があるのか聞いたことろ、「やる気が出たので価値がある」と返事をいただいたので、有益だと感じました。」
4、今後も節目の従業員にセルフ・キャリアドックの研修や面談を実施したいですか?
「はい。」

Y社様

1、今回のご支援について満足度はいかがでしたか?
「満足。対象社員が、将来の自身の働き方や考え方について意識するよいきっかけになった。」
2、キャリアコンサルタントの会社への対応はいかがでしたか?
「笑顔で優しく対応していただき、面談を受けやすい雰囲気を作ってくださったこと。」
3、今回のご支援は御社にとってどの程度有益(有益でなかった)でしたか?
「有益だった。会社の上司ではなく、プロのコンサルタントとの面談により、本音を引き出していただける点。」
4、今後も節目の従業員にセルフ・キャリアドックの研修や面談を実施したいですか?
「はい。入社三年目という節目の社員に対して、今後も継続し実施していきたいと思います。この度は誠にありがとうございました。」

M社様

1、今回のご支援について満足度はいかがでしたか?
「満足。私と考えていることが一致していたことが、大変良かった。スタッフのキャリアアップをしていこうと思います。」
2、キャリアコンサルタントの会社への対応はいかがでしたか?
「良い。従業員が言っていましたが、しっかり対応していただいたこと。」
3、今回のご支援は御社にとってどの程度有益(有益でなかった)でしたか?
「有益だった。スタッフ自身が将来のことを考えてくれる一端になったと思う。」
4、今後も節目の従業員にセルフ・キャリアドックの研修や面談を実施したいですか?
「はい。」

面談を受けた従業員様の声

A社社員様

1、今回のご支援について満足度はいかがでしたか?
「満足。問題に対して具体的なアプローチを提示してもらえた。」
2、キャリアコンサルタントの対応はいかがでしたか?
「良い。話しやすかった。」
3、今回のご面談はご自身にとってどの程度有益(有益でなかった)でしたか?
「有益だった。自分が考えていることが、ああそんなに間違えていないなと思えた。」
4、今後も節目の従業員にセルフ・キャリアドックの研修や面談を実施したいですか?
「はい。」

M社社員様

1、今回のご支援について満足度はいかがでしたか?
「満足。話を親身に聞いてくれ、的確な助言を得られるところなど。」
2、キャリアコンサルタントの対応はいかがでしたか?
「良い。業務に関してだけでなく、プライベートに関しても助言をしてくださった点。」
3、今回のご面談はご自身にとってどの程度有益(有益でなかった)でしたか?
「有益だった。これから結婚などした場合の働き方などについてのアドバイスをもらった。」
4、今後も節目の従業員にセルフ・キャリアドックの研修や面談を実施したいですか?
「はい。」

T社社員様

1、今回のご支援について満足度はいかがでしたか?
「大変満足。担当された方が社労士さんの資格を持たれているということで、仕事以外の件に関して質問したところ、懇切丁寧にご対応いただけた点。」
2、キャリアコンサルタントの対応はいかがでしたか?
「良い。物腰柔らかく且つ豊富な知識を持たれた方だったので、お話しし易かった。」
3、今回のご面談はご自身にとってどの程度有益(有益でなかった)でしたか?
「有益だった。細く長く労働者人生を続けるためのお知恵を授かれた点。」
4、今後も節目の従業員にセルフ・キャリアドックの研修や面談を実施したいですか?
「はい。もしも今後同様の面談があるのであれば、担当されるキャリコンの方は同じ方にご担当いただいたほうが良いように感じた。」

S社社員様

1、今回のご支援について満足度はいかがでしたか?
「大変満足。セミナーの紹介など今後のスキルアップのヒントをいただけた。」
2、キャリアコンサルタントの対応はいかがでしたか?
「良い。物腰が柔らかでアドバイスは的確だった。」
3、今回のご面談はご自身にとってどの程度有益(有益でなかった)でしたか?
「有益だった。個人的なアドバイスをいただけたこと。」
4、今後も節目の従業員にセルフ・キャリアドックの研修や面談を実施したいですか?
「はい。」

K社社員様

1、今回のご支援について満足度はいかがでしたか?
「大変満足。今後の目標を設定することができ、具体的な行動目標のアドバイスをいただいたことで何をすべきか明確になりました。」
2、キャリアコンサルタントの対応はいかがでしたか?
「良い。話をよく聞いていただいたこと、仕事以外のプライベートなことも相談できた。」
3、今回のご面談はご自身にとってどの程度有益(有益でなかった)でしたか?
「有益だった。自分の将来のビジョンについて客観的な意見をいただけたことにより、目標の修正が出来ました。現状の問題点にも改善策を提案していただいたので実行していきたいと思います。」
4、今後も節目の従業員にセルフ・キャリアドックの研修や面談を実施したいですか?
「はい。」

N社社員様

1、今回のご支援について満足度はいかがでしたか?
「大変満足。自分のことを客観的に見ていただけたことが良かった。」
2、キャリアコンサルタントの対応はいかがでしたか?
「良い。親身になって話を聞いていただけたことと、今後のことについて改めて考えることができてよかった。」
3、今回のご面談はご自身にとってどの程度有益(有益でなかった)でしたか?
「有益だった。客観的に自分のことを分析して頂き、アドバイスをしていただけたことが有益。」
4、今後も節目の従業員にセルフ・キャリアドックの研修や面談を実施したいですか?
「はい。今後のことについて考えることができてよかったです。」