弊所代表の田邊は、キャリアコンサルタントでもあるので、会社様からのご依頼を請けて、従業員さんとのキャリア面談をいたします。そして、面談後、会社様にレポートを出します。もちろん守秘義務に差支えない範囲で、私の感じた本人のキャリア成長のための課題と対策、また、会社様の事業成長のための課題と対策についてお伝えしています。

今回の従業員さんはローパフォーマーでした。従来の会社の指導の仕方と従業員の認知の仕方にすれ違いがあり、指導の効果が出ていないという感じがありましたので、レポートではそこをお伝えしました。会社様からは「自分がなんとなく感じていたことと全く同じだったので驚いた。しかも、自分は長い間、どうしてよいのかがわからなかったのに。なぜ1時間ほどの面談でそこまでわかるのか?」とご感想をいただきました。
なぜって? たぶんそれは、私が、キャリア支援の専門家だからです(きっぱり)。そして、たくさんの従業員さんを見ているからだと思います。また、人を雇う経営者として経営的視点があるからでしょうか。さらに、社外の人間で、上司や経営者ではないからということも重要だと思います。

本人が腹を割って話せる信頼関係を築いたうえで、差支えない範囲でプライベートな生い立ちや家族構成など、従業員さんの人格を作ってきたところに触っていき、その生き方・考え方・感じ方・認知の仕方などに合わせて、明日からの一歩を踏み出す支援をします。

ローパフォーマーに悩んでいる経営者さん、ぜひご相談ください。