横浜市新横浜駅前【グロースサポート社労士事務所|㈱グロースサポート|田邊雅子】は、採用・人材育成・定着・助成金・従業員面談(キャリアコンサルティング)で、事業成長を支援します。|医療|介護|福祉|放課後等デイ|障害者雇用|学童|

働き方改革支援

  • HOME »
  • 働き方改革支援

平成30年6月「「働き方改革を推進するための関係法律の整備に関する法律」が成立し、国は「働き方改革」と銘打ち、日本が生き残るための様々な改善を求めてきています。

背景

  • 労働力人口(16歳~64歳)の減少
  • 高齢化
  • 社会保障制度(老齢年金受給年齢)の後ろ倒し(65歳⇒70歳)
  • 経済の低成長時代への突入
  • グローバル化
  • IT化・AI化・RPA化の普及
  • 雇用の流動化

上記のような背景があり、国は、日本の生き残りのために、企業とそこで働く労働者に以下のようなことを求めるようになりました。

  • 企業が、働き方改革法案を守ること。
  • 企業が、雇用の流動化、労働者の多様化(女性・障害者・外国人・高齢者)、労働者の働き方の多様化(仕事と育児・介護・治療・勉強の両立等)に対応すること。
  • 労働者が生産性を上げること。

ご提供できるサービス

弊所は、社会保険労務士事務所として法的な働き方改革に沿ったサポートをするとともに、キャリアコンサルタントとして労働者の職業能力アップのためのサポートをいたします。

【ステップ1】(p)
●社内整備
 企業の経営理念、経営方針、人材育成方針に沿った労働者の職業能力開発規程等の整備
【ステップ2】(D)
● 年代別キャリアデザイン研修
・20代社員研修:仕事への向き合い方、仕事に取り組む意欲等の修得
・30代社員研修:仕事と生活(育児・介護・通院等)の両立をはかる働き方デザイン
・40代社員研修:職業人生後半戦における、今後の働き方デザイン
・50代社員研修:定年や雇用延長を目前にし、今後の働き方デザイン
● 個別キャリア面談
 キャリアデザイン研修受講後の個別の相談対応・助言・指導
【ステップ3】(C・A)
● 企業へのフォローアップ
 企業の課題、労働者個人の課題について企業に報告、改善サポート
良くいただく質問
  • 階層別研修や上司面談と、どう違うのか?
    階層別研修とは、リーダーや管理職に上がった者への、職に応じたマネジメントスキルを習得する研修ですが、年代別キャリアデザイン研修とは、「各年代で抱きがちな生き方・働き方について整理・情報提供するとともに、個々人の過去の軌跡を振り返り、各々の強み弱みをあらいだし、強みを活かした会社貢献の仕方について考える時間をもつこと」と言えます。
    上司面談とは、期の中で会社への貢献度合いを測る面談になりますが、個別キャリア面談は、従業員が年代によって直面しがちな様々な課題を交通整理しながら、3年先5年先の働き方を考えるものになります。

得られるメリット

  • 会社にとってのメリット
    会社の経営理念・経営方針・人材育成ビジョンを従業員に再度周知できる。
    従業員の強みを活かした人員配置や新事業立案に生かせる。
    従業員のモチベーションが上がることで、生産性向上や売上アップにつながる。
    従業員の課題を確認し、次のチェック時までの改善を見守れる。
  • 社員にとってのメリット
    自身の来し方を振り返り、強み弱みを整理出来る。
    今後、自身がどういう働き方をするか、5年後、3年後、来年のなりたい自分を具体化できる。
    会社が期待していることと、自身が提供できることを可視化できる。
    なりたい自分になるために、どういう能力を身につけていくべきかがわかる。
    自身の強みを活かして、会社に貢献できる。

お気軽にご相談ください

グロースサポート社労士事務所へのご相談は、お問合せフォーム、またはお電話で承ります。

グロースサポート社労士事務所へ問い合わせ

グロースサポート社労士事務所に電話

お気軽にお問い合わせください TEL 045-476-5183 受付時間 9:00 - 17:00 (土・日・祝日除く)

PAGETOP