横浜市新横浜駅前【ブレイン横浜たなべ社労士事務所|㈱グロースサポート|田邊雅子】は、人材育成・職場定着支援助成金・就業規則・人事制度・処遇改善加算・キャリアパス・キャリアコンサルティング・労務相談・給与計算・手続で、事業成長を支援します。|放課後等デイ|保育園|幼稚園|障害者支援|介護|学童|

就業規則

法改正に対応した就業規則を整備して、企業を元気にしよう

イエローカード2就業規則とは

就業規則は、トラブル回避のためのルールブック

従業員10人以上の会社は就業規則を作成し、かつ労働基準監督署に届出することが義務付けられていますが、御社はこのような状況ではないでしょうか?
・どこかから貰ったり、ネットからダウンロードした就業規則を使っている。
・法改正に対応していない古い就業規則を放置している。
・正社員、パート社員等がいるが、就業規則は1つしかない。
・改定を繰り返しつぎはぎだらけで、読み方によって矛盾が生じている。

その結果、例えば下記のような思わぬトラブルに巻き込まれる可能性も生じます。
・急に出勤してこなくなった従業員が居ても対応できない。
・社員から「前の会社とルールが違う」とクレームがある。
・パートの社員から、結婚休暇や賞与を申請される。
・残業代は払っていたはずなのに「未払い残業代」を請求される。
・年次有給休暇を貯めた従業員が、一気に長期で休みを取る。

このような場合、適切な就業規則を持たない会社側はきわめて不利な立場に立たされます。なぜなら現在の法律は労働者を守るためのものだからです。また昨今の労働者は権利意識が強く、ネットで知識を得ている場合も少なくありません。 転ばぬ先の杖として、「うちの会社のルール」を整備しておくことで、無用な労使トラブルを回避することができます。

就業規則は、働き方改革のよりどころ。

よく就業規則の重要性を、「会社を守るための就業規則を」とか、「裁判で負けないための就業規則を」と説明する社会保険労務士もいます。そのような社会保険労務士は、会社と従業員の信頼関係を大切にするのではなく、会社を守ることに終始します。が、私は、経営理念・経営方針に沿った、また会社の体力に合わせた、実施可能な制度やルールを盛り込みます。従業員が会社の理念を理解し、ルールを守ることで、より事業成長に寄与できるようになると考えています。会社と従業員を敵と味方に分ける就業規則ではなく、従業員がモチベーション高く、バリバリ働くようになるための就業規則の作成をサポートしています。

助成金を活用した就業規則作成・改定

弊所は、厚生労働省の人材育成系助成金のご支援を得意としています。助成金は、会社の納める雇用保険料会社負担分を原資としており、ある意味「もらうのではなく、納めた保険料を取り戻す」くらいの理解で良いと思います。ただ、税法上は受給した助成金は「雑収入」となり、使わなければ税金で持っていかれます。それならば、それを原資にして会社のルールを明確にしませんか?

★サービス内容

【スタンダードタイプ就業規則(通常3ヶ月・3往復)】

~10人以上の、労働基準監督署への届け出義務のある会社様にお勧めです。
・会社様のお考えを伺いながら、提案とコメントの3往復で完成させます。
・出来上がった就業規則案について、従業員に説明を行い、従業員代表者からの意見徴収をします。
・作成した就業規則は電子ファイルにて納品

【シンプルタイプ就業規則(通常1ヶ月・1往復)】

~10人程度までの会社様にお勧めです。
労働基準法では、10人を超えないと労働基準監督署への届け出義務はなく、届け出義務がないので作っていない、という会社様は多いのですが、実は、10人未満の会社でも労働トラブルは多発しています。権利意識が強くなった従業員、雇用が流動化し「前の職場ではこうだったからここでも同じだろう」と考える従業員、法改正を知らず昔の価値観で考える経営者、トラブルの火種は小さい会社にもたくさん転がっています。
・従業員が特にこだわるポイント(賃金、休暇、入退社)に注力し作成します。
・作成した就業規則は電子ファイルにて納品

【キャンペーン就業規則(ヒアリングシート・納品)】

今まで就業規則がなかったが、急いで作成したい会社様にお勧めです。また助成金のとりっぱぐれを避けたい会社様にもお勧めです。労働基準法で定められた絶対的必要記載事項を中心に、超シンプルな就業規則をヒアリングシートから興して納品いたします。月に3社様までのキャンペーンです。当サイト右側の「就業規則作成格安キャンペーン」をクリックしてごらんになり、即!お電話ください!

srcc-inquiry201603

お気軽にお問い合わせください TEL 045-476-5183 受付時間 9:00 - 18:00 (土・日・祝日除く)

PAGETOP