Q:良い求人だけを選別して案内してほしい。

そうですね、その気持ちはとてもよくわかります。
ハローワークの求人を受け付ける部門では、専門の担当者が国の基準に基づいて、給料が最低賃金を割ってないかとか、条件を満たしている場合では社会保険に加入させるか、などと確認をして求人を受け付けています。そういう意味では、誰もチェックをしないフリーペーパーや折込チラシの広告内容よりは安全といえると思います。

ただ、「以前、問題のあった会社の求人を受け付けないでほしい」という声を良く聞きますが、それは出来ないのです。「反省し改善しました」と求人を持ってこられたら、受け付ける、それがハローワークです。性善説の上に立っていると言えますね。

Q:長い目で見たキャリア相談にのってほしい。

そうですね、就職しようかどうしようか、なんて悩みから相談したいと思うときってありますよね。ただ、ハローワークは、原則として3ヶ月以内の就職を目指す人が相談に行く役所、と思っておいたほうが良いです。

では、そもそも就職しようかどうしようか、なんて悩みを相談したい時にはどこに行けばいいのか?地方自治体や男女共同参画センター等の無料キャリア相談なんかがお勧めだと思います。また、独立系キャリア・コンサルタントが、有料でキャリア相談を受け付けていたりもします。
当事務所も承っております、いつでもご相談ください。