こんにちは、マザーズキャリア支援センターの田邊雅子です。

いきなりセンセーショナルなお題ですが、ママの相談を受けていてよく話題に上ります。

生涯賃金を上げるたったひとつの方法。
私は、それは専門性を持つことだと思います。

実務経験があるなら、話は簡単です、極めていけばよいのです。

でも、たいした専門性や実務経験が無かったら・・・
実は、これもは話は簡単です、専門性つければよいのです。
今から学ぶのです、今が一番若い日なのですから、それこそ「いつやるの?今でしょ!?」なのです。

但し、その際、覚悟をしておかなくてはならない事がひとつ。
学んで専門性が身についたからと言って、すぐ評価されるわけではありません。
実務経験の無い人を直ぐに専門家として登用してくれるほど社会は甘くありません。

その時に必要なことは、修行を積むことです。
昔で言えば、丁稚さん、今で言えば実習生、みたいなものでしょうか?
知識はついたけど実務経験がないので、実務経験を積ませてもらうしかないのです。

そして、その時、たいした収入を期待しないことが大切です。
お金を払ってでも実務経験を買いたいわけですから、お金をたくさん頂きたいと欲をだしてはダメなのです。

多くの方がここで失敗します。
今までどこかで働いていてある程度いただいていた方は、特に給料が下がると自分の評価が落ちたように感じるようです。
また、今までの収入を目一杯生活に使っていたりすると、生活の質を落としたくないのでその収入を落とせないのです。
例えばお子さんのおけいこ代を削れない、なんて訴える方もいます。

でも、結論から言えば、ここで欲を張らないほうがよいです。
一旦、最低賃金をがまんして、場合によるとほんとに実習生としてわずかな謝金をがまんして、
修行を積んだ後、ちゃんと実務経験○年あります、といって評価され、よい就職先を見つけるほうが良いと思うのです。

長い目で見てキャリアデザインをすることが、結局は生涯賃金を上げると思います。